インプラントの治療費のことを知っておきましょう

インプラント治療は保険適用外の自由診療のため、歯科医院によって費用が異なります。
患者の口腔内の状態や医院がある地域によって多少の差はありますが、インプラント1本あたり30~40万円が平均的な費用です。

インプラント費用の主な内訳として、手術代、フィクスチャーの費用、アパットメントの材料費・加工費、上部構造の材料費・加工費、CT検査代などに分けられます。治療を始める前に、提示された治療費にどの施術内容が含まれているのか、費用の内訳まで確認することをおすすめします。

フィクスチャーとアバットメントと上部構造が、1本当たりの金額で提示されている場合には治療本数が増えるにに応じて加算されていきます。骨量が不足していたり骨が柔らかすぎる場合には骨増成手術などが必要になり、別途費用がかかります。

インプラント一式というかたちで治療費を歯科医師から提示されたときは一式の中にどの施術が入っているのかわかりません。内容を注意して確認しましょう。

詳しい価格表を公開している歯科医院なら、それが妥当な費用なのか他の歯科医院と比べることができ、歯科医院を選ぶうえで判断材料になります。

インプラント治療はそれなりの費用がかかるものですが、その費用に見合う素晴らしい治療法だといえます。インプラントは医療費控除の対象です。1年間に医療費を10万円以上支払った場合に申告できます。詳しくは最寄りの税務署にお尋ねになるか、国税庁のホームページをご覧ください。

インプラント手術用ドリルの最新研究

骨を削る時の摩擦による発熱を抑える新しいドリルの開発が日々進んでいます。

インプラント治療では、顎の骨にドリルで穴を開けて人工歯根を埋め込み、土台を装着して人工歯を被せます。

骨は熱に弱いのでドリルで穴を開ける時、摩擦熱に気を付けながら手術を行います。摩擦熱が高すぎると骨がダメージをうけてしまうため、水をかけながら行う必要があります。

先端の角度や溝の角度などを改良した試作ドリルのテストでは、温度の上昇が従来のドリルより低くなりましたが、水をかけなくて済むようにするには、さらに摩擦熱を抑えなければなりません。

次に、試作ドリルの回転数を下げてテストしたところ、温度は下がりましたが削る時間が伸びてしまったそうです。

そこで、先端を鋭くしてねじれ角を強くしたドリルが再試作されました。
切屑が出やすくなったためこもった熱を素早く逃がすことができ、回転数を落としても切れ味が保てるので削る時間も変わらないという、良いテスト結果が出たそうです。
従来のように水で冷やす必要もなくなり、画期的なドリルだといえるでしょう。

現在、歯科医師とメーカーを交えた臨床研究中とのことです。患者さんの負担を減らすうえでも、一日も早い実用化が期待されます。

インプラント認定医とは

最近ではインプラント治療ができる歯科医院がたくさんあります。しかしこれらの全ての歯科医院においてインプラント手術の実施経験が豊富であるというわけではなく、インプラント認定医が必ずいるわけではありません。

では「インプラント認定医」とはどのような医師なのでしょうか。インプラント認定医になるためには、日本口腔インプラント学会が定めた条件をクリアしなければなりません。その中には、学術大会への参加、研修会・講習会への参加、論文の発表、多数の治療経験、試験その他多くの項目があります。それらを全てクリアして初めて認定医として認められるのです。また、もうひとつ上のレベルの「インプラント指導医」の認定を受けるためには、長年の治療経験や、豊富な症例を持ち、学会で研究報告するなど、さらにたくさんの条件をクリアしなければなりません。

このように、インプラント認定医や指導医といった資格を持つ歯科医師ならば知識も経験も豊富ですので、安心して治療を受けることができます。インプラント治療を受ける歯科医院を選ぶ際には、医院にインプラント認定医や指導医の認定証が掲げられているかを確かめてみるといいのではないでしょうか。

もうすぐ5月。ゴールデンウィークのイベントが楽しみな季節です。八王子市では「高尾山若葉まつり」が開催中。平成25年5月26日(日)まで、いろいろなイベントが企画されています。新緑の高尾山を訪れてみてはいかがでしょうか。

妊婦歯科健診の重要性

今年は桜の開花が早く、4月に入ったばかりだというのに、あっという間にお花見シーズンも終わりを迎えています。

さて、妊婦さんに関してよく言われることのひとつに、「妊娠したら歯が悪くなる」というものがあります。お腹の赤ちゃんにカルシウムをもっていかれるので、お母さんの歯が悪くなる、ということらしいですが、これは間違いです。妊娠して歯が悪くなったとしたら、それは「つわり」のせいで食事時間が不規則になったり、歯みがきがおろそかになったり(歯ブラシをくわえるだけでも気持ち悪かったりしますよね)などの理由や、また、ホルモンのバランスが変化することで歯に影響することもあるようです。お腹の赤ちゃんに取られたせいではなかったんですね。

立川市では、そんな妊婦さんのために平成25年度も「妊婦歯科健康診査」を無料で行ってくれます。赤ちゃんが生まれたらお世話が大変で、自分のことどころではなくなってしまいます。でもお母さんの健康はとっても大事!まだ妊娠中の今だからできること・・・健診を受けて、気になる所があったら相談し解決しておいてください。お母さんのお口の健康は、お母さんの全身の健康につながります。育児に集中できるように準備しておきましょう。

第40回記念日本臨床矯正歯科医会東京大会開催

2013年2月6日~7日に、学術総合センター(東京都)において第40回記念日本臨床矯正歯科医会東京大会(市川和博大会長、浅井保彦会長)が開催されました。

今回のテーマは「矯正歯科医会─この10年とこれから」で、全国から544名の矯正歯科専門医が参加しました。

日本臨床矯正歯科医会(浅井保彦会長)は矯正歯科専門開業医の唯一の団体です。
1972年に設立されて以来、「本来の矯正歯科の治療とは何か」を広く社会へ広める活動を行っています。

今大会は40周年記念大会ということもあり、多数のプログラムが企画されました。

初日は総会のあと、30周年記念大会後10年間の歴代会長等功労表彰式が行われ、続いて
「歯科矯正アンカースクリュー」利用のガイドラインについての講演、更にメイン会場では「生涯を共に歩む矯正歯科」をテーマに第40回記念フォーラムが行われました。

「健康を守り育てる矯正歯科医療」(伊藤智恵氏、宮城県開業)
「長期観察症例から教えられること」(黒田康子氏、大阪府開業)
「市民セミナーで伝えたいこと」(宮崎晴代氏、東歯大水道橋病院講師)
「これからの歯科医療-矯正歯科への期待-」(大久保満男氏、日本歯科医師会会長)

二日目はメイン会場とスタッフプログラム会場の2ヵ所に分かれての講演が行われました。

メイン会場においては「会員アンケートに基づく抜歯非抜歯に関するコンセンサス」をテーマとした「臨床セミナー」が行われました。

「美と安定のための抜歯症例」(堀内敦彦氏、長野県開業)
「矯正歯科治療における抜歯非抜歯に関するアンケート調査(その1)と(その2)の結果発表」(稲毛滋自氏)
「矯正歯科治療における抜歯頻度の意義」(新井一仁氏、日歯大教授)

 午後からは、第8回ブレーススマイルコンテスト表彰式、招待講演2題、アンコール賞受賞者発表が行われました。

 スタッフプログラム会場では、久世香澄氏(ハーバード大)が「矯正臨床における衛生士の役割」と題して講演を、そして午後からは『こんなにも多彩で有効な矯正歯科診療所のスタッフの力』をテーマに4名の発表がありました。

会場内は学術展示の他、症例展示、企業展示も催され、多くの参加者で賑わいました。

 

(社)日本口腔インプラント学会 第32回関東・甲信越支部学術大会開催

2月10日(日)、11日(月)の両日、公益社団法人日本口腔インプラント学会 第32回関東・甲信越支部学術大会が京王プラザホテル(東京都)にて開催されました。

テーマは「医学的見地からインプラント治療を再考する―知識を知恵に、そして教養へ―」で、全国から約1,300名以上の参加者が集まりました。

以下は特別講演、基調講演、シンポジウムの内容です。

◆1日目

・シンポジウム1

インプラント周囲炎、周囲粘膜炎の診断と対処法についての講演と議論が行われました。

・シンポジウム2

インプラント治療を受けた患者さんがこれから高齢になった場合にどのような問題が生じると考えられるか。そして高齢者へのインプラント治療についての議論が行われました。

・特別講演1

形成再建外科の分野でのスーパーマイクロサージャリーの手技が紹介されました。

◆2日目

・シンポジウム3

インプラント上部構造の経年的変化について議論が行われました。

・シンポジウム4

骨造成を行った症例の経年的変化について議論が行われました。

・特別講演2

歯科保健医療行政の現状と今後の課題についての講演が行われました。

・基調講演

インプラント治療に関連する骨の基礎研究についての講演が行われました。

その他、市民公開講座、専門医、専門歯科衛生士、専門歯科技工士を対象とした教育講座、公開セミナー、共催セミナー等のプログラムが組まれ、充実した内容でした。

2013年OJミッドウィンターミーティング開催

2月11日(月)、OJミッドウィンターミーティング(鈴木真名会長)が日本歯科大学生命歯学部富士見ホール(東京都)にて開催されました。

参加者は約300名と大盛況でした。

OJミッドウィンターミーティングは全国の歯科医師がスタディグループの垣根を越えてインプラント医療に関する情報交換、技術の切磋琢磨を行う場として発足しました。

今回のミーティングでは、19名の会員による講演が行われました。

以下は講演内容です。

上記の講演以外に、教育講演として日歯大生命歯学部歯科麻酔学講座教授 砂田勝久氏による「いったい何が起きたんだ!-診療中に起こりうる全身的トラブルに対する対応-」が行われました。

今回のミーティングで選出された上位6名は、7月6(土)、7日(日)に日本歯科大学生命歯学部富士見ホールにて開催されるOJ年次ミーティングにて講演することになっています。

 

 

インプラントを比較的安価な値段で。それって大丈夫?

歯の治療は材料で決まるのではありません。それぞれの性能を充分に引き出せるかどうか。
それには、歯科医院選びが大切になります。
インプラントの材料よりも、治療する歯科医師を選びましょう。

歯科医の治療計画により、使用する素材・丁寧な治療・最高の仕上がり・保証制度の充実によって値段の差が出ます。
もちろん、定期的なメンテナンスも必要になります。
そういった事、すべてを丁寧に説明し、疑問にも答えてもらった上で治療に入ると安心できますよね。

単に値段だけで判断し満足した結果が得られなければ、無意味なものになってしまいます。
値段だけでなく医者の経験や技術などを見極める必要がありますね。

適切なインプラント治療の費用は全国インプラント1本あたり平均30万~40万と言われています。

ストレスの虜

厳しい競争社会の原理はさまざまな「ストレス」を生み出しました。

・外傷、寒冷、酷暑、放射線など。

・飢餓、感染、過労。

・社会生活や家庭生活によって生まれるいろいろな思い煩い、不安、恐怖。

その一方快いストレスがあるのだそうです。幸福感 充足感 安心感、あまりにも充たされると、その反動で不安感、恐怖感が頭をもたげる。どちらにしてもストレスからは逃れられないのか??



ストレス学説を研究し歯原性ストレス症候群と名付けられたものに、

口腔系、とくに悪い噛み合わせや顎関節症を持つ人々に頭痛や耳鳴り、めまい、そして精神的に不安定な症状があることが解かりました。

むし歯や歯槽のうろう、歯ならびの悪さなどによって噛み合わせの異常をきたし、それがあごの負担を招き、あごの関節に障害をおよぼし、さまざまな原因不明の症状を訴えることがわかってきたのです。歯は全身に影響するのですね。

東京スカイツリー

東京スカイツリーの高さは634m

東京スカイツリー天望デッキは350m

展望ロビーのほかレストランやショップがあります。

展望デッキへのエレベーターは分速600mなので、約50秒で到着するそうです、早いですね。

東京スカイツリー天望回廊は100m高い450mの位置にあります。

入場料金

東京スカイツリー天望デッキは、当日券の場合、大人(18歳以上)2000円、中人(12~17歳)1500円、小人(6~11歳)900円、幼児(4~5歳)600円。事前購入する日時指定券はそれぞれ+500円。

当日購入のみの東京スカイツリー天望回廊は、大人(18歳以上)1000円、中人(12~17歳)800円、小人(6~11歳)500円、幼児(4~5歳)300円です。

東京スカイツリー®オフィシャルショップで買えるおすすめ東京土産も豊富です。楽しみですね。